住まい

 キャッシングを申込時には住まいについてもチェックされます。

 何年くらい住んでいるか。持ち家なのか借家なのか。そんなことをチェックされます。

 キャッシング会社としては、できるだけ長い期間住んでいる人のほうが信用できるわけです。住み始めて1週間とか言われると、「この人はどこかで何か悪いことをして、慌てて引っ越してきたのではないか?」などと勝手に想像してしまって、「この人、大丈夫かなぁ」「また引っ越すんじゃないの?」などと心配します。だから、長く住んでいる人のほうを「落ち着いて暮らしているみたいだ」と好意的に見ます。

 持ち家か借家か。これは分かりますよね。持ち家のほうが信用できます。持ち家というのは一戸建てでも分譲マンションでもOKです。要するに自分のお金で家を買った人は、それなりに信用度が高いのです。

 万一返済できなくなった場合でも持ち家を捨てて夜逃げをすることはないだろうとキャッシング会社は考えます。

 これに対して、借家はキャッシング会社としては少し心配です。でも、借家だからといってお金を貸さないことはありませんから安心してください。大企業の転勤族などは各地の借家(賃貸マンションなど)を引っ越していきますから、借家が絶対に悪いということはありません。

 

スポンサードリンク

☆☆☆話題の「モビット」☆☆☆
この広告、おなじみですよね
【モビット】>ネットで24時間お申込OK< 安心のサービス




☆☆☆プロミス「レディース」☆☆☆
SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド「プロミス」が女性専用のキャッシングをしています。30日間無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトをご確認ください
プロミス「レディース」

この記事のタグ

サイト内関連記事

電話は携帯か固定か?
 最近は携帯しか持っていないという人が増えてきましたが、キャッシング会社としては......
年収や収入
 キャッシング会社は借り手の年収や収入もチェックします。キャッシングを申し込む時......
職業
 審査では職業もチェックポイントです。  キャッシング会社にとって最も安心してお......
家族構成
 キャッシングの会社によっては、「独身」か「既婚」か「子供はいるのか」、チェック......
何に使うか
 キャッシングの会社によっては、使い道もチェックポイントになっています。  よく......
勤続年数
 サラリーマンの場合、勤続年数を聞かれることがあります。1つの会社に長く勤めてい......

関連ニュース

▲このページのトップへ