保証人は必要?

 キャッシング会社も銀行もお金を貸してくれますが、違う点があります。それは、銀行は必ず保証人や物的担保(土地や建物、預金など)が必要なのに、キャッシング会社は保証人も物的担保も必要ないという点です。

 つまり、キャッシング会社は借り手の人間を見て、信用できるかどうか審査して、そのうえで貸してくれるのです。

 だからこそ、万一に備えて金利が少し高めに設定されていると言ってもいいでしょう。

 はっきり言って、みなさんご存知のように、銀行はなかなかお金を貸してくれません。「保証人を用意しろ」とか「不動産の権利書を持ってこい」とか、うるさく言います。

 でも、キャッシング会社はそんなことを言いません。借りる人を信用して貸してくれるのです。

スポンサードリンク

☆☆☆話題の「モビット」☆☆☆
この広告、おなじみですよね
【モビット】>ネットで24時間お申込OK< 安心のサービス




☆☆☆プロミス「レディース」☆☆☆
SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド「プロミス」が女性専用のキャッシングをしています。30日間無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトをご確認ください
プロミス「レディース」

この記事のタグ

サイト内関連記事

利息もよく見てみよう!
 お金を借りたら、借りたお金のほかに必ず金利(利息)を払わなければなりません。銀......
キャッシング会社の選び方
 初めて借りる場合、大手銀行グループや大手企業グループのキャッシング会社を選ぶべ......
キャッシング会社の気持ち
 キャッシング会社は借り手のことをざっと調べます。  借り手の生年月日と名前を専......
年末年始に借りられる消費者金融
 年末年始に消費者金融でお金を借りることはできるのでしょうか。実は、お店は休みま......
信用貸付
 消費者金融会社が長年にわたって利用者に支持されてきたのは、信用貸付だからです。......
消費者金融は秘密厳守
 消費者金融会社を利用する人の割合は5人に1人くらいだと言われています。つまり2......
信頼できる消費者金融会社は?
 お金を借りる場合、気になるのは「どの消費者金融会社がいいか」でしょう。そして、......

関連ニュース

▲このページのトップへ