大丸Dカード

 大丸は「大丸カード」のほか、「大丸Dカード」を発行しています。大きな違いは、この「大丸Dカード」は年会費が無料であることです。では、さっそく「大丸Dカード」を紹介しましょう。

 まず、13歳以上ら誰でも入会できます。13歳といえば中学1年生の年齢です。そんなに若い世代でも持つことができるというわけです。入会は大丸の店頭で簡単な申し込みをするだけです。入会審査はありませんし、身分証明書の提示も不要です。こんなに簡単に大丸のカードを持つことができるのですから驚きです。

 さて、年会費は無料ですが、入会金として500円を支払う必要はあります。「なんだ、無料ではないのか!」と思わないでください。実はこの500円は500ポイントとなって、買い物の時に使えるのです。ちょうど銀行にお金を預けたような感じですね。

スポンサードリンク

 

 大丸Dカードが発行されたら、そのあとからの買い物で優待ポイントがつきます。

 現金のほか、大丸商品券や全国百貨店共通商品券、VISAやJCBなどのギフトカードなどで購入してもポイントがつきます。

 利用できるクレジットカードは、VISAやJCB、Master、ダイナース、DC、UC、アメックスなど幅広いクレジットカードです。

 購入額(消費税を除く)に対して、100円につき1パーセントがポイントになります。大丸での普通の商品のほか、特価品やバーゲン品、食品などの購入、レストランや喫茶の利用でポイントがついてくるのです。

 「大丸カード」と同じように、大丸に出かけた時に、「来店ポイント登録機」に大丸Dカードを差し込むだけで、来店ポイントとして5ポイントもらえます。

 これができるのは、心斎橋店と梅田店、京都店、やましな店、神戸店、新長田店、須磨店、芦屋店、東京店、ららぽーと横浜店、浦和パルコ店です。ただし、1店舗につき、1日に1回限りです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

大丸カード
 大丸の百貨店カードについて説明します。大丸はいくつかカードを発行していますので......
タカシマヤカード
 今日ご紹介するのは高島屋の高島屋カード(タカシマヤカード)です。  以前は年会......
スタシアカード
 2007年に阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合して、「エイチ・ツー・オー・リテイ......
アイカードが新しくなった
 おしゃれなデパートとして人気の高い伊勢丹には「アイカード」というカードがありま......
東急TOPカード
 東京西部の東急沿線で大活躍のTOP&カードは使えば使うほどポイントが貯まる、と......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

百貨店デパートのクレジットカード:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.awatoku.biz/002/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。