大丸カード

 大丸の百貨店カードについて説明します。大丸はいくつかカードを発行していますので、まず大丸カードを説明します。年会費は1050円ですが、嬉しいことに初年度は無料です。大丸カードで買い物をすることで、価格の5%がポイントとして還元されます。

 大丸カードはクレジットやキャッシングの機能がついています。VISAかMASTERのどちらかです。どういうわけかJCBがありません。でも、ビサかマスターを選べますから不便はないと思います。

 大丸カードの特徴は、大丸に行くたびに専用のポイント登録機大丸カードを入れることで10ポイントたまるという、あっと驚くサービスです。ということは、毎日毎日大丸に通えば、なんと1カ月で300ポイントもたまることになります。300ポイントといえば300円です! これってすごいことだと思います。近くに大丸があるなら、絶対に利用したくなるはずです。大丸さんの出血大サービスと言っていいでしょう。

スポンサードリンク

 

 さて、大丸カードの機能をもう少し見ておきましょう。けっこういい機能がついています。さすが大丸という感じがします。 

 オンラインで本やCD、DVDなどを買うことができるブークスが大丸カードで利用できます。ブークスでの購入金額が100円につき5ポイントたまります。うれしいことに、ブークスの送料が無料になります。つまり、例えば200円の安い本を買っても、送料はゼロ円ということです。大変素晴らしいサービスです。

 大丸カードでは保険の機能を備えることができます。引受保険会社は、あいおい生命保険、東京海上日動あんしん生命保険、東京海上日動火災保険、あいおい損害保険、富士火災海上保険、三井住友海上火災保険の各社です。そうそうたる保険会社ですね。

 さらには、年金保険やがん・医療保険、生命保険、ゴルフ・レジャー保険がズラリとそろっているのも大丸カードの特徴です。保険に入っていればいろいろな面で安心ですから、せっかく大丸カードに入会するなら、ついでに入っておくといざというときに安心です。

 大丸の本拠地は大阪です。しかし、東京駅前に新しいビルができて、そこに大丸が入りました。場所がいいので、いつもお客さんが大勢います。夜になると、地下の弁当や総菜売り場が特に混雑します。3割引きくらいで弁当や総菜を買うことができますから、新幹線に乗る人が買っていくことが多いようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

大丸Dカード
 大丸は「大丸カード」のほか、「大丸Dカード」を発行しています。大きな違いは、こ......
タカシマヤカード
 今日ご紹介するのは高島屋の高島屋カード(タカシマヤカード)です。  以前は年会......
スタシアカード
 2007年に阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合して、「エイチ・ツー・オー・リテイ......
アイカードが新しくなった
 おしゃれなデパートとして人気の高い伊勢丹には「アイカード」というカードがありま......
東急TOPカード
 東京西部の東急沿線で大活躍のTOP&カードは使えば使うほどポイントが貯まる、と......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

百貨店デパートのクレジットカード:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.awatoku.biz/002/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。