アイカードが新しくなった

 おしゃれなデパートとして人気の高い伊勢丹には「アイカード」というカードがあります。11月に新しいアイカードになりました。「伊勢丹アイカードVISA」や「伊勢丹アイカードVISA ゴールド」、「JR 京都伊勢丹アイカードVISA」、「JR 京都伊勢丹アイカードVISA ゴールド」などが登場したのです。

 さっそくご紹介しましょう。

 年会費は2100円です。初年度は無料です。

 アイカードの特徴は、購入金額の合計が増えるにつれて、ポイントの還元率が上がることです。

 ポイント還元率は最初は5%です。アイカードでの前年の購入金額総額が20万円以上になると7%に、100万円以上で10%に上がる仕組みです。年間購買額50 万円以上の場合は8%というバージョンが新アイカードに追加されました。

 4人までなら家族カードをつくることができます。これも年会費は無料です。ということはつまりわずか2100円の年会費で合計5人分のアイカードを持つことができるわけです。

 年間20万円以上も使うかな?と思うかもしれません。

 でも、ガス代や電気代、それから水道代や電話代、新聞代などをすべてアイカードでの支払いにすれば、年間利用総額は軽く20万円を超えるはずです。生活にかかる費用はすべて1つのカードに集約することでポイント還元率を高めることができます。

スポンサードリンク

 伊勢丹は有名ですが、店舗は全国にそれほど多くはありません。でも大丈夫です。このアイカードを使える店は全国にたくさんあるからです。

 例えば、ヒルトン東京やロイヤルパークホテル、ホテルニューオータニ、資生堂パーラー、新宿中村屋、コットンクラブ、ブルーノート東京、丸井、マキシム・ド・パリ、クイーンズ伊勢丹などなどがあります。使える場所は増えています。

 そのほか、保険の機能をつけることができます。生命保険やスポーツ保険、自動車保険、海外旅行保険があります。これは意外に便利です。

 もちろんキャッシング機能をつけることも可能です。利用限度額は5万円~70万円。無担保・無保証ですから、銀行よりはるかに便利ですね。

 返済方法はリボ払い(残高スライド方式)か一括払いです。実質年率は年18.0%ですから一般的な率です。遅延損害金は年26.28%になりますから気をつけましょう。契約期間はカード有効期限で、カード更新で自動継続されます。

 このほか、教育やブライダル、リフォームの目的別のキャッシング(ローン)も使えます。伊勢丹らしい便利なカードです。  

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

大丸カード
 大丸の百貨店カードについて説明します。大丸はいくつかカードを発行していますので......
大丸Dカード
 大丸は「大丸カード」のほか、「大丸Dカード」を発行しています。大きな違いは、こ......
タカシマヤカード
 今日ご紹介するのは高島屋の高島屋カード(タカシマヤカード)です。  以前は年会......
スタシアカード
 2007年に阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合して、「エイチ・ツー・オー・リテイ......
東急TOPカード
 東京西部の東急沿線で大活躍のTOP&カードは使えば使うほどポイントが貯まる、と......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

百貨店デパートのクレジットカード:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.awatoku.biz/002/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。